不妊解消の本質は体質改善

じつは、腕のいい胚培養士なら9割は体外受精で受精させることができる。

それでも妊娠できない人がいる理由は、卵子が劣化しているから。体液がよどんでいると、卵子に十分な栄養が届かない。

ぼくが繁殖学を学んでいたときに、こんなレポートを読んだことがある。若い牛の卵子と老いた牛の卵子をそれぞれ体外受精させる。当然、受精しやすいのは若い卵子だよね。次にそれぞれの染色体(DNA)を入れ替えて培養・移植する。
すると、DNAの年齢に関係なく、若い卵子の細胞質を含んだ卵のほうが妊娠・出産まで至ったんだ。

ここからわかることは何か?赤ちゃんができるかどうかは、DNAの年齢ではなく卵子の質にかかっているんだ。

世界ではじめて体外受精が成功したのは1978年。ケンブリッジ大学のロバート・エドワーズ教授と産婦人科医のパトリック・ステップトー氏が実現した。これによって体外受精でしか妊娠できなかった人への道が開かれたけど、じつはそれ以前のほうが40歳以上の出生数は多かったんだよ。

二人目不妊治療の技術は上がっているのに、なぜか高齢出産は難しくなっている。
これは現代病と言われるストレスが関係しているんだ。

ストレスとは精神的なものにかぎらない。細胞を劣化させるすべての要因だよ。

たとえば、喫煙とか過度の飲酒も細胞レベルで言えば、ストレスに入る。体外受精で妊娠したり着床できたら成功だと思われがちだけど、不妊治療の現場では、受精卵がしっかり育つかが最大の課題なんだ。
劣化した卵子では、赤ちゃんと出会うところまで成長しづらい。だから細胞レベルで体質を変えることが不妊解消にいちばん大切なんだ。

不妊治療を開始した途端、病院にすべてを託す人がたくさんいる。

でも、赤ちゃんのできやすいカラダづくりまで病院任せにしてはいけない。

病院は対症療法をするところ。

根治治療法(卵質改善)は本人にしかできない仕事だから。

病院をうまく活用し、自分のお仕事をきちんとこなす。

それが卵子を守り、家族を増やすための知恵だよ。

体質改善には葉酸サプリがおすすめ

葉酸が妊婦さんが積極的に摂取するべき栄養素であることは、よく知られるようになってきました。葉酸サプリは、赤血球を作り出す働き、細胞増殖の活発化、異常増殖の抑制などの効果があり、赤ちゃんの身体を作り出す段階で重要な働きをする栄養素です。その重要性は、厚生労働省の通達があった事もあり病院においても積極的に摂取するよう指導される場合が多いのです。

葉酸が多く含まれる食品は、ほうれん草やブロッコリーなどが有名ですが、水溶性であるため体外に出てしまい、毎日摂取する必要があるのでサプリとして摂取するのが効率的だと言われます。病院では、貧血などの治療目的であれば薬として処方される場合もありますが、サプリとして購入する場合は保険適用外なので通販などで購入したほうが安くすむ場合もあります。

晩婚化が進み、高齢出産に臨む女性も増えてきました。高齢出産の場合に心配なのは、生殖機能の老化によって胎児の細胞分裂時に異常分裂が起きてしまう事です。先天異常が起こってしまったり、流産を引き起こしたりします。
葉酸サプリには老化の原因となるホモシステインという活性酸素を無効にする働きがあり、生殖機能の老化のスピードを弱め、流産の危険を減らせるのです。

ですから、妊娠してからももちろんですが、妊娠前であっても「赤ちゃんを作ろう」と思っているカップルは、女性だけでなく男性も、積極的に葉酸を摂取した方が良いと言えます。なおどんな葉酸サプリを選んで良いのかわからない場合は葉酸サプリ生活というサイト内の葉酸サプリランキングをみて選びましょう。

老化による奇形精子の割合を減らす事ができるからです。全流産の3割強が奇形精子だったと言われており、ダウン症などの先天異常の原因の一つであるとも言われています。精子が作られるのには3か月かかります。葉酸による効果を期待するなら、妊娠する少なくとも3か月前から葉酸を摂取する必要があります。

晩婚型カップルの場合、妊娠・出産にそう何回もチャレンジできるわけではありません。だからこそ、しっかりとした準備と話し合いが必要です。妊娠を考えているカップルは早めに準備をすることが重要なのです。

妊娠の仕組み

「妊娠の仕組みは保健体育の授業で聞いて知っているわ」と思われるかもしれませんが、授業で教えてくれたのは、大まかな仕組みだけ。ですから、「そろそろ赤ちゃんが欲しい」と思っている人や30代以上の女性にとっては、かなり情報不足なのです。
妊娠の仕組みをきちんと知っておけば、妊娠待ちの無駄な時間を減らすことができます。子どもが出来ない男性もこの仕組みを知ることで、自分の体はもちろん、パートナーの体や心の状態をより理解できるようになるでしょう。そこで、改めて、妊娠の仕組みを詳しくお話ししておきたいと思います。

まずは卵子や精子が作られる仕組みから

女性の体で作られる卵子。これは毎月新しいものが作られているわけではなく、自分がお母さんのお腹の中にいた時に作り貯めされた細胞が基になっているのです。それは、卵母細胞と言われる小さな細胞で、子宮の横にある卵巣の中にあります。

卵母細胞は、お腹の中にいる時に700万個ほど作られますが、産まれる頃は200万個、思春期には釦万個ほどに減っていきます。そこからさらに減り続けるので、実際に妊娠を考えるような時期に残っているのは数万個なのです。

思春期に月経が始まると、左右の卵巣それぞれで卵子が作られ始めます。

同時に数十個の卵母細胞が卵子になるよう分裂を始め、成熟していきます。

そして、排卵のタイミングが来ると、その中で一番良い卵子(人間の場合、基本的に1つ)が選ばれ、排卵が起こるのです。排卵直前の状態まで準備をしていたのに選ばれなかった細胞は、そのまま消えてしまいます。さらに、成長を始めないまま自然に消えていくものも含めると、1回の月経サイクルで数百個の卵母細胞が減っていくことになるのです。

最初に700万個も用意しているのに、実際に卵子となって排卵されるのは、一生のうちで400個程度。排卵される卵子は、それだけ厳選されたエリートなのです。こうして卵母細胞は減っていき、閉経の頃にはほとんど残っていない状態になってしまいます。

女性の卵子が作り貯めであるのに対して、男性の精子は日々新しく作られ続けています。精子の基になる精母細胞は思春期から作られ始めます。また、1つの卵母細胞が1つの卵子しか作れないのに対して、精母細胞は4つの精子を作ることができます。こうして日々作られる精子の数は、1日1億個とも言われています。日々作られ続けている精子ですが、使われず古くなってしまうと生殖能力も下がってしまうため、ある程度古くなると体に吸収され、常に新しい精子が準備されています。

こうして作られた卵子と精子が子宮の中で出会うことで受精し、受精卵になります。出会うタイミングについては後で詳しく紹介しますが、これだけではまだ妊娠とは言えません。受精卵が卵巣の中で落ち着いた(着床した)時に妊娠成立です。ただ、妊娠初期は流産が起こりやすく、その原因のほとんどは受精卵の質(遺伝子の状態や組合せ)と言われています。